独断!これが日本の観光列車ベスト10だ

夏休み中にぜひ乗ってみたい

ひな壇のような前面展望席、今や他の車両でも見られおなじみとなったものの、海を向いた座席というのは、おそらくリゾート21が「先駆車」のひとつなのではないだろうか。こうした工夫に満ちた車両でありながら、特別料金を取らない普通列車としての運転という破格のサービスは、高く評価したい。

第7位:「のと里山里海号」

海を望む観光列車といえば、デビューしたばかりの北陸・能登を走る「のと里山里海号」(のと鉄道)も紹介しておきたい。北陸新幹線で近くなった能登。和倉温泉や輪島を周遊するときは、のと鉄道にも乗ってみよう。

第8位:「はやとの風」「いさぶろう・しんぺい」「九州横断特急」

観光列車の王道といえば、絶景や車内、駅でのおもてなしと続くけれど、それが凝縮され、観光列車のリレーで周遊コースとなっているのがJR九州の肥薩線だ。鹿児島中央駅から「はやとの風」「しんぺい」(逆方向の列車は「いさぶろう」)「九州横断特急」(SL運転日には「SL人吉」)という観光列車のゴールデンルートを形成していて、誰もが気楽に鉄道旅行を楽しめる工夫は見事というほかない。

ユニークな観光列車もご紹介

第9位:「鉄道ホビートレイン」
画像を拡大
0系新幹線もどきの改造車両

これまで、王道的な観光列車を紹介してきたが、終わり近くになって意表をついた列車を取り上げてみたい。そのひとつは、JR四国の予土線など(窪川~宇和島)を走る「鉄道ホビートレイン」である。0系新幹線もどきの奇想天外な改造車両はデビュー時に大いに話題となった。風貌には賛否両論あるが、乗ってみると、工夫された車内には驚くし、何といっても清流四万十川の車窓は見飽きることがない。「海洋堂ホビートレイン」「しまんトロッコ」と合わせて「予土線3兄弟」として四国の人気者だ。

第10位:「ゆめぞら号」

最後に、車窓が楽しめないことを逆手にとった観光列車を紹介しておこう。それは北越急行ほくほく線の「ゆめぞら号」(越後湯沢~直江津)である。長大トンネルが多く、闇の中を走る地下鉄のような路線。景色が楽しめないなら、車内を暗くして映像を天井に映し出して楽しもうというアイデア。かくしてシアタートレインの誕生となったのである。普通列車なので、特別料金もいらず、BGM付きで天井に映し出される映像を見つつ、1時間あまりのユニークな旅を体験してみてはいかがだろうか。

このように、日本全国さまざまな創意工夫に満ちた列車が走っている。クルマやバスでは体験できない鉄道旅行ならではの旅は、きっと思い出に残ることだろう。飛行機やクルマ利用がメインであっても、行程のどこかで観光列車乗車を組みこんでみると、鉄道の良さがわかり変化に富んだ旅ができるのではないだろうか。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT