低所得国の成長には、金融インフラの整備が不可欠--武田真彦・IMFアジア太平洋局次長


 したがって、いかに国内の貯蓄率を上げて、貯蓄を有効活用するかの視点が必要だ。加えて、外国からの開発援助、そして民間から資金流入によって、低所得国の成長が実現する。

--インフラの構築に向けた課題は何か。

採算に合わないリスクが高ければ、民間企業は参入してこない。そのため政府の保証が必要だ。IMFとしては、その結果、国への負担が増えすぎないよう、財政のバランスを見ている。

また低所得国では、農村部などで現金を貯め込んでいるケースが多く、それをいかに金融システムに取り込むかという課題がある。それに向けては、今回の会議では、低所得国では国有銀行の割合が多いため、今後は民営銀行を増やしたほうがいいなどの意見が出た。

銀行セクター以外では、資本市場の育成に向けた取り組みも必要となる。最近の例では、ラオスやカンボジアで証券取引所が設立された。ただし、新興国市場のように、証券市場が盛り上がった後、資金が流出して急落するケースがある。そうした不安定な状態をいかに防ぐかが課題となる。

(聞き手:許斐健太 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT