低所得国の成長には、金融インフラの整備が不可欠--武田真彦・IMFアジア太平洋局次長

低所得国の成長には、金融インフラの整備が不可欠--武田真彦・IMFアジア太平洋局次長

国際通貨基金(IMF)と国際協力機構(JICA)は10月12日、東京・市ヶ谷で「アジア低所得国の持続的開発」と題した国際会議を合同で開催した。同会議に出席したIMFアジア太平洋局次長の武田真彦氏に、アジア低所得国の今後の経済成長に向けた課題について聞いた。

--「アジア低所得国」とは具体的にどの国を指し、経済成長に向けどのような課題があると認識しているか。

アジア低所得国と指しているのは、具体的にはバングラデシュ、ネパール、モルディブ、ベトナム、ラオス、カンボジア、ミャンマー、東ティモール、モンゴルなどだ。

IMFの任務は、短期的にはその国の経済の安定だが、中長期的には経済成長の実現に向けた支援もしている。ただ低所得国では、往々にして高成長と所得分配の不均衡が同時に起こる。
 
 われわれは「包含的な成長」と言っているが、単に成長すればいいわけではなく、貧困を撲滅し、社会的弱者が利益を得る形での、中長期的な成長の実現に向けた関与をしている。

低所得国が成長に向けて必要となるのは、貿易を通じて世界経済とリンクすることだ。低所得国は歳入のベースが弱く、財政余力がない。そのため最近では、国だけではなく、「PPP」(パブリック・プライベート・パートナーシップ)と呼ばれる、官と民の協業を推進し、民間からの資金流入を促している。

ただし、民間が関与するには、ビジネスとしてペイしなければならない。そこで重要となるのが、電力、物流などのインフラ整備と、金融セクターのインフラ構築だ。国内での金融インフラが整わないと、外国からの資金調達に頼り、経常赤字につながってしまう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT