トヨタ、販売台数が不調でも最高益のワケ

理由は円安効果だけではない

第1四半期の販売台数が前期をやや割り込んだトヨタ。しかし、利益面は依然として右肩上がりを維持している。

トヨタ自動車が8月4日に発表した2015年度第1四半期(4~6月)決算の営業利益は前年同期比9.1%増の7560億円、純益は10%増の6463億円。いずれも第1四半期として過去最高だった。

ただ、販売面は芳しくない。北米こそ好調だったものの、国内は子会社ダイハツ工業の軽自動車が不振で、海外は東南アジアや中近東、ロシアなどで軒並み販売台数が減少。この結果、グループ総販売台数(持ち分法適用の中国を含む)は250.2万台と前年同期比で1.1万台落ちた。ライバルの独フォルクスワーゲンは同じ期間に世界で255.2万台を売っている。

それでも、前年同期から対米ドルで19円もの円安が利益を押し上げたほか、お家芸の原価改善を徹底。労務費や研究開発費、品質関連費用が増える中でも最高益をたたき出した。

オポチュニティは為替

2015年度の通期予想は、販売台数の見通しを5万台上方修正したことから、売上高を27兆8000億円へと従来から3000億円引き上げた。アジアや中南米、中近東の販売は不振だが、日本や北米、ロシアを除いた欧州の伸びで補えると見ているからだ。

加えて、想定為替レートは第1四半期の実績を反映させ、ドルを115円から117円に、ユーロを125円から127円に、それぞれ円安に見直したことによる増益要因がある。一方、中国やロシアで販売費が増加する可能性があることや、労務費や品質関連費用なども膨らむと見ており、利益面は当初の計画を据え置いた。

「(上方修正の)オポチュニティがあるとしたら、7月以降はドル115円、ユーロ125円で見ている為替。また、原価改善の努力、販売面の努力で少しでも達成できるようにしたい」と、4日の決算会見で大竹哲也常務役員は力を込めた。

次ページ利益3兆円も射程圏?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。