ある夫婦の年収が5000万円になったワケ

妻の才能発掘で、家族の人生が変わる!

「今度こういうイベントをやろうよ」

「あっ、それ面白そう!」

「でもそのためにはこういう準備が必要だよね」

「じゃあ、僕がそれをやるから、君はこうしてみたら?」

「それでいけるじゃん!」

という感じで、無意識のうちにビジネスの話題となり、新しい企画が次々と生まれます。気が付いたら、夕方6時ごろから深夜0時ごろまで仕事の話をしていた、という日もよくあります。

それを聞いて、「仕事の話題ばかりなんて、なんだか味気ない」と感じるかもしれませんが、私たちにとっては、毎日の会話が楽しくて仕方がありません。

家族の可能性を広げ、高め合う働き方へ

夫婦2人が会社員というだけでは、同じ会社に勤めているとか、業界や職種が同じだとかでないかぎり、共通の話題は見つかりにくいものです。もちろん、そうじゃない夫婦も多いとは思いますが、一緒にやる事業があれば、「こうじゃないか」「ああじゃないか」という話題で盛り上がります。

旅行の計画を話し合うのと同じ感覚で、仕事の計画を話し合うようなもので、夫婦の会話がますます楽しくなるのです。

さらに特筆すべきは、協同してできるビジネスを持つことは、夫婦の可能性を高め合う効果があることです。

もともと妻は、自宅で子ども向けのピアノ教室を運営するかたわら、レストランなどで演奏するアルバイトでした。しかし、ボイストレーニングスクールを始めたのをきっかけに、特に営業力が開花し、今では僕の仕事も彼女が取ってくることがあるくらいです。

さらに彼女は、ブログでの情報発信力にも磨きがかかり、そのブログを見たテレビ関係者から出演のオファーがあり、出版社からも声をかけてもらっています。こんなふうにデビューできるなんて、少し前には想像もできなかったことです。

つまり家族でビジネスをすることは、夫婦の会話が増えるし、彼女のように隠れていた才能が花開くきっかけにもなるし、子どもにも起業を教えられるし、お互いが助けあおうという発想にもなる。

これこそ、家族の可能性をもっと広げることができる働き方ではないか、と僕たちは感じています。

そこで次回は、多くの人が疑問に感じるであろう「どうすれば妻(配偶者)の才能を発掘し、ビジネスを拡大していくか」という点について、わが家の事例をもとにご紹介したいと思います。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。