ある夫婦の年収が5000万円になったワケ

妻の才能発掘で、家族の人生が変わる!

詳しくは最近出版した『世帯年収600万円でも諦めない!夫婦で年収5000万円になる方法』に譲りますが、ファミリービジネスのきっかけとなったのは、僕のコンプレックスでした。

僕は2004年に起業し、不動産売買の仕事をしていましたが、次第に講演やセミナーの依頼が増えてきました。

しかし僕はもともと滑舌が悪く、すぐに声がかすれたり、のどが痛くなる。そこで、あるボイストレーニングスクールに通ったのですが、まったく改善の兆しが見られない。

そんなふうに行き詰っていたとき、ある交流会でひとりの女性ピアニストに出会いました。音大時代に声楽も習っていたという彼女に、自分の悩みを打ち明けると、「こうすればいいのよ」と、さも簡単なことのように教えてくれたのです。その彼女の指導で、長年の悩みだった声が瞬時に改善したのです。

「これはビジネスになる」と感じた僕は、そのピアニストを「ウチの会社でボイストレーニングスクールをやらないか」と誘い、社員としてスクール運営を任せることにしました。

そのピアニストが、のちに僕の妻となる秋竹朋子です。

「やりたいことは何でもできる」というマインドになる

ファミリービジネスでは、ボイストレーニングスクールの社長として、その仕組みづくりやウェブ周りなどのマーケティングを担当する午堂登紀雄さん

このスクールは、僕が社長として仕組みづくりやウェブ周りなどのマーケティングを担当し、彼女がレッスンやほかの講師の指導など、現場の責任者という役割分担でやっています。当初の2年間は赤字でしたが、3年目で大幅な黒字となって累積損失を一掃。以来、ずっと黒字経営が続いています。

そして彼女はこのスクール経営で学んだスキルやノウハウを駆使し、今や自ら全国のカルチャーセンターや企業に自分を売り込んでおり、この仕事で年収1500万円を超えるようになりました。

このように、僕は僕の仕事、妻は妻の仕事、夫婦で協力してやる仕事があるわけですが、ここで言うファミリービジネスは、ただ「いくら稼ぐか」という表面的なことではありません。

僕がお伝えしたいことは、金額がどうこうではなく、2人でやることの楽しさ、可能性の広がり、そして「やりたいことは何でもできる」というマインドに変わることの重要性です。

たとえば夫婦の会話が増え、楽しみが増えます。わが家も毎晩、2人でお酒を飲みながら、プチ事業戦略会議です。

次ページ深夜0時ごろまで仕事の話をすることも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。