サムスン「S6」の販売台数が予想以下に

供給不足が原因と説明

 7月30日、韓国のサムスン電子は、第2・四半期の主力スマートフォン(スマホ)「S6」シリーズの販売台数が予想を下回ったと発表した。シンガポールで4月撮影(2015年 ロイター/Edgar Su )

[ソウル 30日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は30日、第2・四半期の主力スマートフォン(スマホ)「S6」シリーズの販売台数が予想を下回ったと発表した。曲面ディスプレーを採用した「S6エッジ」の供給不足を理由に挙げた。

同社モバイル事業バイスプレジデントのPark Jin-young氏は、第3・四半期について、新たに大型画面モデルと中低価格モデルを投入予定でスマホ全体の販売台数は前四半期から増加するとの見通しを示した。

同社はまた、下半期の利益について上半期を上回ることを目指すと表明。ただ、第3・四半期のモバイル部門の利益増加は難しいとの見方を示した。

現在は設備投資計画を見直しており、投資拡大の機会を見出したと明らかにした。

今年は特別配当を支払う計画はない、とした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT