アリ王子、プラティニ氏の出馬を批判

「FIFAにとってよくない」

 7月29日、5月のFIFA会長選に立候補したアリ・フセイン王子(写真)は、ミシェル・プラティニ氏が来年2月のFIFA会長選出馬を表明したことに反対する考えを示した。チューリヒで5月撮影(2015年 ロイター/Ruben Sprich)

[ベルン 29日 ロイター] - 5月の国際サッカー連盟(FIFA)会長選に立候補したアリ・フセイン王子(ヨルダン)は、欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ会長が来年2月26日のFIFA会長選出馬を表明したことに反対する考えを示した。

アリ王子は、プラティニ氏がゼップ・ブラッター会長の後任に名乗りを挙げたことについて「プラティニ氏はFIFAにとって良くない。フットボールファンにはもっと良いものが与えられるべきだ」とコメント。「FIFAには、過去の汚点とは無縁な、新しいリーダーが必要なのは明らか。これまでの密室や袖の下が使われた慣例を変える必要がある」と主張した。

アリ王子自身は、2月の会長選への出馬はいくつかのサッカー協会と意見交換をしながら決めると話している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。