アリ王子、プラティニ氏の出馬を批判

「FIFAにとってよくない」

 7月29日、5月のFIFA会長選に立候補したアリ・フセイン王子(写真)は、ミシェル・プラティニ氏が来年2月のFIFA会長選出馬を表明したことに反対する考えを示した。チューリヒで5月撮影(2015年 ロイター/Ruben Sprich)

[ベルン 29日 ロイター] - 5月の国際サッカー連盟(FIFA)会長選に立候補したアリ・フセイン王子(ヨルダン)は、欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ会長が来年2月26日のFIFA会長選出馬を表明したことに反対する考えを示した。

アリ王子は、プラティニ氏がゼップ・ブラッター会長の後任に名乗りを挙げたことについて「プラティニ氏はFIFAにとって良くない。フットボールファンにはもっと良いものが与えられるべきだ」とコメント。「FIFAには、過去の汚点とは無縁な、新しいリーダーが必要なのは明らか。これまでの密室や袖の下が使われた慣例を変える必要がある」と主張した。

アリ王子自身は、2月の会長選への出馬はいくつかのサッカー協会と意見交換をしながら決めると話している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。