プラティニ氏、FIFA会長選への出馬を表明

「とても慎重に熟考した上での決断」

 7月29日、UEFA会長を務めるミシェル・プラティニ氏は、来年2月26日に行われるFIFA会長選挙に立候補することを表明した。6月30日撮影(2015年 ロイター)

[ベルン 29日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)会長を務めるミシェル・プラティニ氏は29日、来年2月26日に行われる国際サッカー連盟(FIFA)会長選挙に立候補することを表明した。

プラティニ氏は、FIFA加盟の209協会に送った文書をUEFA公式ウェブサイトで公開。「これはとても慎重に熟考した上での決断だった。自分自身の未来とフットボールの未来を検討して判断した。多くの方々の支持と激励も要因となった。人生には自分の運命を自分でつかみ取らなければいけない時がある」とした。

FIFAに関しては「この50年でわずか2人の会長しかいなかった。最近の出来事はFIFAの再出発と統治のあり方の再考をうながした」と語った。

プラティニ氏は現役時代、フランス代表としてワールドカップに3回出場。1984年の欧州選手権では母国を優勝に導いた。UEFA会長には2007年に就任し、FIFAでは2002年から理事を務めている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。