プラティニ氏、FIFA会長選への出馬を表明

「とても慎重に熟考した上での決断」

 7月29日、UEFA会長を務めるミシェル・プラティニ氏は、来年2月26日に行われるFIFA会長選挙に立候補することを表明した。6月30日撮影(2015年 ロイター)

[ベルン 29日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)会長を務めるミシェル・プラティニ氏は29日、来年2月26日に行われる国際サッカー連盟(FIFA)会長選挙に立候補することを表明した。

プラティニ氏は、FIFA加盟の209協会に送った文書をUEFA公式ウェブサイトで公開。「これはとても慎重に熟考した上での決断だった。自分自身の未来とフットボールの未来を検討して判断した。多くの方々の支持と激励も要因となった。人生には自分の運命を自分でつかみ取らなければいけない時がある」とした。

FIFAに関しては「この50年でわずか2人の会長しかいなかった。最近の出来事はFIFAの再出発と統治のあり方の再考をうながした」と語った。

プラティニ氏は現役時代、フランス代表としてワールドカップに3回出場。1984年の欧州選手権では母国を優勝に導いた。UEFA会長には2007年に就任し、FIFAでは2002年から理事を務めている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT