プラティニ氏、FIFA会長選への出馬を表明

「とても慎重に熟考した上での決断」

 7月29日、UEFA会長を務めるミシェル・プラティニ氏は、来年2月26日に行われるFIFA会長選挙に立候補することを表明した。6月30日撮影(2015年 ロイター)

[ベルン 29日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)会長を務めるミシェル・プラティニ氏は29日、来年2月26日に行われる国際サッカー連盟(FIFA)会長選挙に立候補することを表明した。

プラティニ氏は、FIFA加盟の209協会に送った文書をUEFA公式ウェブサイトで公開。「これはとても慎重に熟考した上での決断だった。自分自身の未来とフットボールの未来を検討して判断した。多くの方々の支持と激励も要因となった。人生には自分の運命を自分でつかみ取らなければいけない時がある」とした。

FIFAに関しては「この50年でわずか2人の会長しかいなかった。最近の出来事はFIFAの再出発と統治のあり方の再考をうながした」と語った。

プラティニ氏は現役時代、フランス代表としてワールドカップに3回出場。1984年の欧州選手権では母国を優勝に導いた。UEFA会長には2007年に就任し、FIFAでは2002年から理事を務めている。

関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。