ミシェル・プラティニ氏がFIFA会長選出馬へ

鄭夢準氏、アリ・フセイン王子も出馬検討

 7月28日、UEFAのミシェル・プラティニ会長が、数日以内にFIFA会長選挙への出馬を表明すると、同会長に近い関係筋が28日にロイターに明かした。25日撮影(2015年 ロイター/Maxim Shemetov)

[チューリヒ 28日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ会長(60)が、数日以内に国際サッカー連盟(FIFA)会長選挙への出馬を表明すると、同会長に近い関係筋が28日にロイターに明かした。

プラティニ会長は長らく、FIFAのゼップ・ブラッター会長の後任最有力候補と考えられている。彼の支持者は、各大陸連盟の代表から幅広いサポートを得られると話した。

FIFA元副会長の鄭夢準氏(韓国)も立候補を表明すると予想され、アリ・フセイン王子(ヨルダン)も出馬を検討している。

会長選挙は、来年2月26日にチューリヒで開かれる臨時総会で行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。