ミシェル・プラティニ氏がFIFA会長選出馬へ

鄭夢準氏、アリ・フセイン王子も出馬検討

 7月28日、UEFAのミシェル・プラティニ会長が、数日以内にFIFA会長選挙への出馬を表明すると、同会長に近い関係筋が28日にロイターに明かした。25日撮影(2015年 ロイター/Maxim Shemetov)

[チューリヒ 28日 ロイター] - 欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ会長(60)が、数日以内に国際サッカー連盟(FIFA)会長選挙への出馬を表明すると、同会長に近い関係筋が28日にロイターに明かした。

プラティニ会長は長らく、FIFAのゼップ・ブラッター会長の後任最有力候補と考えられている。彼の支持者は、各大陸連盟の代表から幅広いサポートを得られると話した。

FIFA元副会長の鄭夢準氏(韓国)も立候補を表明すると予想され、アリ・フセイン王子(ヨルダン)も出馬を検討している。

会長選挙は、来年2月26日にチューリヒで開かれる臨時総会で行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。