世代間論争で得をするのは金持ちの若者--『就職、絶望期』を書いた海老原嗣生氏(「ニッチモ」代表取締役)に聞く


 僕は、世代間格差論争はしたくない。世代間格差論争にすると、いちばん得をするのは誰か。それは金持ちの若者なんですよ。俺たちは年寄りに比べ損しているじゃん、と負担をしなくなる。いちばん損するのは、年寄りで貧乏な人。この人たちは貧乏で困っているにもかかわらず、あいつら逃げ切り世代だ、ずるいと言われる。本来ならば、年寄りだろうが若者だろうが、弱くて貧乏な人が手を組んで、変えていかなくてはいけないのに。現状は、世代間格差論争という形で、年寄りは全部ダメ、若者は全部かわいそうという形になっている。そこは中身を精査して論じてほしいと考えている。

(聞き手・本誌:塚田紀史 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2011年10月8日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

えびはら・つぐお
専門は人材マネジメント、経営マネジメント論など。1964年生まれ。リクルートワークス研究所発行の『Works』元編集長。2008年に人事・人材のコンサルティング会社、ニッチモを設立。また、リクルートエージェント社のフェローとして、同社の人事・経営誌『HRmics』の編集長を務める。

『就職、絶望期』 扶桑社新書 798円 279ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT