世代間論争で得をするのは金持ちの若者--『就職、絶望期』を書いた海老原嗣生氏(「ニッチモ」代表取締役)に聞く


 僕は、世代間格差論争はしたくない。世代間格差論争にすると、いちばん得をするのは誰か。それは金持ちの若者なんですよ。俺たちは年寄りに比べ損しているじゃん、と負担をしなくなる。いちばん損するのは、年寄りで貧乏な人。この人たちは貧乏で困っているにもかかわらず、あいつら逃げ切り世代だ、ずるいと言われる。本来ならば、年寄りだろうが若者だろうが、弱くて貧乏な人が手を組んで、変えていかなくてはいけないのに。現状は、世代間格差論争という形で、年寄りは全部ダメ、若者は全部かわいそうという形になっている。そこは中身を精査して論じてほしいと考えている。

(聞き手・本誌:塚田紀史 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2011年10月8日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

えびはら・つぐお
専門は人材マネジメント、経営マネジメント論など。1964年生まれ。リクルートワークス研究所発行の『Works』元編集長。2008年に人事・人材のコンサルティング会社、ニッチモを設立。また、リクルートエージェント社のフェローとして、同社の人事・経営誌『HRmics』の編集長を務める。

『就職、絶望期』 扶桑社新書 798円 279ページ


  
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング