サントリー、上場検討との日経報道を否定

「上場について検討に入った事実はない」

 7月28日、サントリーホールディングスは、早ければ2018年にも株式を上場する検討に入ったとの一部報道について「当社が上場について検討に入った事実はない」と明らかにした。写真はロゴ、都内の拠点で2014年1月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] - サントリーホールディングス(HD)[SUNTH.UL]は28日、早ければ2018年にも株式を上場する検討に入ったとの一部報道について、「当社が上場について検討に入った事実はない」と明らかにした。

28日付の日本経済新聞は、サントリーが上場で調達した資金で昨年の米蒸留酒大手ビームの買収で膨らんだ有利子負債を圧縮し、新たな成長に向けた経営資源を確保する方針だと報じた。

また、上場先は米ニューヨーク証券取引所(NYSE)や東京証券取引所を候補としていると伝えた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。