世界の自動車業界は世界的な経済低迷で減速するが、見通しは安定的《ムーディーズの業界分析》


コーポレート・ファイナンス・グループ
主任格付けアナリスト
VP – シニア・アナリスト
臼井 規

ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、マクロ経済のファンダメンタルズの悪化を要因として、世界の乗用車需要の伸びは向こう12~18カ月にわたり減速し、収益改善ペースは制約されるであろうと予想している。このような弱含みの状況を背景に、世界の自動車メーカーのファンダメンタルな信用状況の見通しをポジティブから安定的に変更した。

ムーディーズは、世界の自動車需要の伸び率の予想を、今年は5.1%から3.5%に、来年は7.4%から6.5%に下方修正した。向こう12~18カ月にわたり、成熟市場においては予想を下回るGDP成長率を、また、新興国、特にインドおよび中国においてはインフレ抑制のための利上げを要因として、自動車セクターにとってファンダメンタルな信用状況は悪化するとみられる。

自動車メーカーは、原材料コストの高騰による投入原価上昇に直面している。自動車メーカーが他のコストを削減する施策をとらなければ、原材料コスト高騰の影響により、利益率は1年前と比べ1~1.5ポイント縮小するであろう。

図1:ムーディーズの世界の乗用車販売台数の基本シナリオ

[+]画像拡大

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT