テラモーターズは、だから世界市場へ挑む

父親を乗り越えて出発点に立った

徳重さんはシリコンバレーで活躍する傍ら、自らの人生を賭けることができる大きなビジネスビジョンを考え続けていました。グローバル、そしてイノベーティブなビジネスであること。日本の旗印の下で、世界で勝負できる技術を持ってパラダイムシフトを起こすことができる分野を2年に亘って考え続けた結果、たどりついた答えがEV(Electric Vehicle:電気自動車)でした。

「20世紀はエンジンの時代でした。しかし、これからは電動モーターが来ます。世界の環境・エネルギー問題に対応していくためには、電動モーターが来る。このEVで、世界でもっとも成長しているアジア市場を席巻する会社をつくってみせると思ったのです」

バングラデシュのテラモーターズメンバー

それが2010年に徳重さんが創業したテラモーターズです。そして、テラモーターズはわずか2年の間に電動バイクで日本国内シェアNo.1を獲得、その後、インドやベトナム、フィリピン、バングラデシュなどに矢継ぎ早に進出し、モノづくり系ベンチャーとしては最も注目される存在となりました。

日本人はメンタリティを変えないといけない

現在、多くの時間をアジアの新興国の現場に費やしている徳重さん。時によっては単身で新興国のトップ企業との交渉の場に臨むなど、ビジネス拡大の最前線に身を置いています。そんな経験から、新興国と日本の現状を比較して、日本人が失ってしまったビジネスメンタリティについて次のように言っています。

「私たちはメンタリティを変えていかないといけないのです。まず、ハングリー精神。日本は無菌社会になってしまって、若い人たちもリスクや挑戦を過度に恐れるようになってしまった。新興国ではチャンスがあれば何でもやる、という人たちに溢れています。これでは私たちはビジネスチャンスを手にすることはできないのです。そしてもうひとつ、私たちは物ごとを考えるスケールが小さくなってきている。中国の携帯電話会社シャオミは、わずか5年で1兆円企業になっている。世界市場は新興国を中心にすごいスピード、すごいスケールで動いているのです」

「しかし、何よりも日本人が今失っているものは、『志』、そして『信念』ではないでしょうか? 明治時代、そして戦後、日本をつくっていったのは若者の志でした。しかし、今、日本は厳しい状況に置かれているにも関わらず、若者の志レベルは決して上がっているとは言えない。私はそんな日本社会を変えたいと本気で考えています」

最後に、テラモーターズのホームページの設立趣旨書には以下のようにあります。

【お知らせ】 マザーハウスでは、本連載のテーマ「挑戦者たちの朝」に合わせてマザーハウスカレッジを行っています。次回開催は10月を予定しております。詳しくはこちらをご参照ください

「日本社会、特に若者をインスパイアして、世界で勝負すること、高いハードルを乗り越えリスクに挑戦することが当たり前の日本社会をつくる事に貢献します。今こそ、日本全体がもう一度立ち上がる時です。Terra Motorsはその先頭に立ち、日本人の誇りを蘇らせます」

徳重さん、そしてテラモーターズのビッグビジョンはまだ始まったばかり。世界市場で厳しい戦いが続いている日本のモノづくり企業。その中でテラモーターズは新しい日本のモノづくり企業の光となり、日本全体に勇気を与えることができるのか。今後も目を離せない存在になりそうです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。