決断できない日本 ケビン・メア著

決断できない日本 ケビン・メア著

「沖縄の人々はごまかしとゆすりの名人」と、その発言が報道され更迭された前米国務省高官が、真相を激白。誤解され批判され、その結果、舌禍事件を起こしても言わなければならないことは言おうという姿勢が、安全保障に絡む日本と沖縄の抱える問題を浮かび上がらせる。

日本政府の震災対応が後手後手なのも、沖縄の米軍基地移転問題が膠着状態に陥っているのも、福島第一原発の処理にメドがつかないのも、すべてはこの国の政治家に自ら責任を取ろうとする人物がいない、決断できる人物がいないことが原因と喝破する。

対日外交キャリア30年の外交官が、日米同盟、沖縄問題、米中間の本音とその思いの丈を忌憚なく語った。

文春新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。