「16歳下の夫」と結婚した51歳彼女の"偉大な勇気" 大学勤務時代に博士課程にいた学生さんとの意外な縁

✎ 1〜 ✎ 267 ✎ 268 ✎ 269 ✎ 270
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小
16歳下の夫と結婚することになった女性。彼女の現在とはーー?(イラスト:堀江篤史)

北関東のターミナル駅近くにある中華料理店で担々麺を食べている。テーブル席で向かい合っているのは、涌井英子さん(仮名、51歳)。

白いTシャツの上に水玉柄のシャツを羽織り、大きな銀色のイヤリングをつけ、左薬指には結婚指輪が光っている。小づくりな整った顔立ちで、かすかに鼻にかかった声は若々しい。丁寧語なのにフラットな雰囲気が漂う女性で、学生時代のオシャレな女友だちと話しているような気分になる。 

16歳年下の男性と49歳で入籍

英子さんから初めて連絡をもらったのは今年2月のこと。筆者のメールマガジンに登録してくれて、自己紹介欄に<婚活中、大宮さんの文章に心が温かくなりました。49歳で無事入籍。^^>とのメッセージが書かれていた。ほぼ確実に本連載の読者なので、取材協力にも快諾してくれるはずだ。すぐにメールを送り、英子さんが夫の和之さん(仮名、35歳)と一緒に暮らしている町でランチタイムに会ってもらった。

16歳年下の男性との出会い方を早く聞きたいところだが、関西にある芸術系の大学を25歳で卒業した英子さんの経歴から確認しておきたい。九州出身の英子さんは恋人にも家族にも「尽くすタイプ」だったようだ。

「大学を卒業してからは東京で働いていました。職場は、自分が専門にしていた分野のモノづくりの会社です。仕事では肩肘をはっていたし、精神的に不安定だった姉の世話もしていました。学生時代からの友だちとはよく遊んでいて、その中に元恋人もいましたが、恋愛は10年近くしていなかったと思います」

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事