苦戦のタカタと、アイシン精機を分析する

2社を比較すれば、自動車の未来がわかる

手持ちの現預金の状況も見ておきましょう。現金及び預金は691億円、有価証券は72億円ありますから、すぐに現金として使える分は合計で763億円です。これが多いか少ないかを判断するためには、月商1カ月分を超えているかどうかを調べます。

この期の月商は約535億円ですから、現預金は1.4カ月分に相当します。一般的には十分安全な水準です。通常であれば、資金繰りに問題はありませんが、これもリコールの規模次第です。
  
 そして、気になるのは有利子負債です。借入金や社債などを合計すると、前の期は909億円、この期は863億円ですから、少し減っていますね。

もう少し詳しく見ますと、短期借入金は157億円から208億円まで増えている一方で、長期借入金は354億円から252億円まで減っています。借入金が、長期から短期にシフトしつつあるようにも見えます。

これは、エアバッグ問題に伴って同社のリスクが高まっていることから、銀行が融資に慎重になっている可能性があります。銀行は、融資先の企業が危ないと感じると、長期借入金を減らして短期を増やす傾向があるのです。経営危機に陥っているシャープはその典型例であり、ほとんどが短期借り入れで資金を賄っています。

今のところ、前期の決算時点ではタカタは財務的には安全性には問題ありませんが、リコール費用がどこまで膨れあがるのかは不明です。

先ほども触れましたが、リコール費用はまず自動車メーカーが負担します。それを、どこまでタカタに転嫁するのか。その点もまだ分かりません。また、リコール問題がどこまで拡大するのかも不明です。今後は業績も含めて、エアバッグ問題の動向に注意が必要です。

次ページ実は、自動車部品産業自体は好調
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT