ガイトナー長官の舵取りは大失敗か、危機管理の勝利か


しかし、その後、連邦政府の累積赤字額が数年以内にGDPと同規模に達しようという状況に直面、米国債の信用格付けが引き下げられるという、以前なら考えられなかった事態も起こった。彼の実像とは、いったいどんなものだろうか。

ガイトナーには、ハーバード大学のラリー・サマーズの影響が強い。ガイトナーは1990年代後半の財務省でまずサマーズの下で、次いでロバート・ルービンの下で働いた。

民主党は、純粋な再分配政策から、財界寄りの政策を取り入れて、成長と社会正義実現の両方を目指す方向へと転換したが、ガイトナーもその影響を強く受けた。とりわけルービンは、社会正義と成長重視の融合を象徴する。ガイトナーは、ルービンの路線を心底から支持してきた。

ルービンは、サマーズおよびアラン・グリーンスパンFRB議長とともに、米国金融市場の規制緩和を支持した。この点に関し、多くの人々が、規制緩和の濫用がのちに金融システムを崩壊寸前にまで追いやる下地を作った、と指摘している。ガイトナーは、この規制緩和で事実上の参謀役を果たした。

ガイトナーは、ニューヨーク連銀総裁に就任すると、デリバティブ拡大に懸念を抱き、デリバティブはゆくゆく金融制度を揺るがしかねないと警告した。だが、この警告は、規制当局者からの厳しい要求というより友好的な指摘と受け止められた。

90年代後半、商品先物取引委員会のブルックスリー・ボーン委員長がデリバティブを規制の対象にしようと試みたことがあったが、これには財務省のルービン、サマーズとFRBのグリーンスパンが猛烈に反対した。このとき、皮肉なことにガイトナーは財務省のキーマンだった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。