ガイトナー長官の舵取りは大失敗か、危機管理の勝利か

辞任をほのめかしていた米国のティム・ガイトナー財務長官が2012年の大統領選挙までの続投を決めた。彼は、過去15年間、金融界で最も重要な、しかし、評価の分かれるプレーヤーの一人だった。

民主党リベラル派は、彼をウォール街の随伴者と見る。財政赤字への対応に追われるばかりで、景気を浮揚させ、失業率を低下させる大規模な雇用創出プログラムを積極的に推進しようとしていないと批判する。

一方、共和党は彼を、財界に対し厳しい姿勢を取って政府支出をむやみに拡大し、“揺りかごから墓場まで”というヨーロッパ流社会主義を信奉している、と見る。

彼は長期間政策の中心的役割を果たしてきただけに、成功と失敗が併存するのは避けられない。彼への評価は「危機の発生を防げなかった。しかし、封じ込めることには成功した。ただ、根本問題を根絶することはできなかった」となりそうだ。

たとえば08年の金融危機当時、彼はニューヨーク連銀総裁だった。米国の巨大な中央銀行制度の中で2番目に影響力の大きい地位だ。この時期、米国の資本市場のインフラは、危うく完全崩壊しそうになった。

このときガイトナーは、金融システムの安定化に貢献したが、一方で大銀行を税金で救済した。これは今日まで議論の的だ。また、危機の真の原因であるウォール街の歪んだやり方に終止符を打たなかった。

09年には財務長官に就任、最大級の景気刺激策の策定に一役買った。これは、客観的に見て大恐慌の再来を防いだと評価できるだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT