楽天は電子書籍で世界市場獲得を狙う、Eコマース連動も視野--鈴木尚・楽天取締役常務執行役員


Eコマース連動、世界市場が目標

カラーデバイスは雑誌の電子化に効果的だ。電子雑誌を窓口にすれば、ネット通販や旅行予約などの広い意味でのEコマースにつなげることができる。コンテンツの提供だけでなく、そうした展開もわれわれが狙っているものだ。

8月10日にサービスを開始したが、まだ試行的な状態だ。ただ、アマゾンが本格参入する前に、われわれとしても具体的なサービスの形を見せておく必要があった。具体的な姿がなくては出版社など関係者とも話がしにくい。

これから年末に向けてソニー端末の導入やスマートフォン対応、さまざまな電子書籍フォーマットへの対応も進めていく。不具合も修正し、利便性も向上させていく。楽天スーパーポイントを使った販促などいろいろ実験もしていく考えだ。年末商戦が1つのステップだ。

楽天は日本だけでビジネスをするつもりはまったくない。世界標準に対応して、中国・米欧など世界中で電子書籍ビジネスを展開するつもりだ。アマゾンに一矢報いるべく取り組んでいる。数年かかるだろうが、相当に力を入れる。
(丸山 尚文 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT