未曾有と想定外 東日本大震災に学ぶ 畑村洋太郎著

未曾有と想定外 東日本大震災に学ぶ 畑村洋太郎著

東京電力福島第一原子力発電所における事故調査・検証委員会の委員長に就任した著者は、「危険学プロジェクト」を立ち上げている。危険のメカニズムの解明から始まり、危険と人間とのかかわりを考慮しながら、正しい対処の仕方までを科学的に探ろうとする試みである。

この考え方を今回の大地震とそれに伴う津波、原発事故に当てはめて検証したのが本書である。著者は、一連の出来事を「未曾有」「想定外」と表現することは、あいまいさの中に物事の本質を隠してしまうと指摘する。

なぜ関係者は原発が絶対安全だと言い続けたのか、なぜ人は堤防の外に家を建てたのかなどから、人間の弱さを含めた対策の必要性を訴える。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT