未曾有と想定外 東日本大震災に学ぶ 畑村洋太郎著

未曾有と想定外 東日本大震災に学ぶ 畑村洋太郎著

東京電力福島第一原子力発電所における事故調査・検証委員会の委員長に就任した著者は、「危険学プロジェクト」を立ち上げている。危険のメカニズムの解明から始まり、危険と人間とのかかわりを考慮しながら、正しい対処の仕方までを科学的に探ろうとする試みである。

この考え方を今回の大地震とそれに伴う津波、原発事故に当てはめて検証したのが本書である。著者は、一連の出来事を「未曾有」「想定外」と表現することは、あいまいさの中に物事の本質を隠してしまうと指摘する。

なぜ関係者は原発が絶対安全だと言い続けたのか、なぜ人は堤防の外に家を建てたのかなどから、人間の弱さを含めた対策の必要性を訴える。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。