未曾有と想定外 東日本大震災に学ぶ 畑村洋太郎著

未曾有と想定外 東日本大震災に学ぶ 畑村洋太郎著

東京電力福島第一原子力発電所における事故調査・検証委員会の委員長に就任した著者は、「危険学プロジェクト」を立ち上げている。危険のメカニズムの解明から始まり、危険と人間とのかかわりを考慮しながら、正しい対処の仕方までを科学的に探ろうとする試みである。

この考え方を今回の大地震とそれに伴う津波、原発事故に当てはめて検証したのが本書である。著者は、一連の出来事を「未曾有」「想定外」と表現することは、あいまいさの中に物事の本質を隠してしまうと指摘する。

なぜ関係者は原発が絶対安全だと言い続けたのか、なぜ人は堤防の外に家を建てたのかなどから、人間の弱さを含めた対策の必要性を訴える。

講談社現代新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT