危機は循環する 白川浩道著

危機は循環する 白川浩道著

あまたある日本経済展望論の中で、本書をユニークにしているのは「貯蓄税の導入」の提唱である。

「消費低迷、国内超過供給によるデフレが長引けば、長期的にみて財政の破綻確率は上昇する」、さらなる金融緩和や「むしろデフレを深刻化させる」消費税増税ではなく、富裕層に税負担を強いる貯蓄税の導入こそ、消費刺激面からも賢明と詳論する。

提唱された貯蓄税の制度設計の基本コンセプトは、家計貯蓄の「過剰部分」に課税するというもの。具体的には預貯金と国債保有で2000万円を超える部分に、実効税率がデフレ率と等しくなるよう課税する。同様の効果の「マイナス金利政策」より経済的な混乱ははるかに少ないという。

世界を見渡してもこの種の貯蓄税の例はない。世界で希有の長期デフレに陥っている日本だけに、前例を超えた新たな試みに価値はありそうだが、何より新税を政治的にこなせるかが、第1の関門になりそうだ。

NTT出版 2310円

  

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT