危機は循環する 白川浩道著

危機は循環する 白川浩道著

あまたある日本経済展望論の中で、本書をユニークにしているのは「貯蓄税の導入」の提唱である。

「消費低迷、国内超過供給によるデフレが長引けば、長期的にみて財政の破綻確率は上昇する」、さらなる金融緩和や「むしろデフレを深刻化させる」消費税増税ではなく、富裕層に税負担を強いる貯蓄税の導入こそ、消費刺激面からも賢明と詳論する。

提唱された貯蓄税の制度設計の基本コンセプトは、家計貯蓄の「過剰部分」に課税するというもの。具体的には預貯金と国債保有で2000万円を超える部分に、実効税率がデフレ率と等しくなるよう課税する。同様の効果の「マイナス金利政策」より経済的な混乱ははるかに少ないという。

世界を見渡してもこの種の貯蓄税の例はない。世界で希有の長期デフレに陥っている日本だけに、前例を超えた新たな試みに価値はありそうだが、何より新税を政治的にこなせるかが、第1の関門になりそうだ。

NTT出版 2310円

  

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。