一流の経営コンサルタントに求められること

自分を律する覚悟なくして務まらない

異業種からの転職ですから、採用する側もそれ、つまりアンドリューさんが貢献してくれるようになるまでには、ある程度、時間がかかることを想定して採用をしています。つまり足元のアウトプット以上の何かを期待して採用しているわけですね。

おそらくファームとしてアンドリューさんに求めているのは、足元のアウトプットではなく、「個人としての成長曲線をどれだけ高められるか」です。私が若い人を評価する場合、出した結果そのものよりも、成長曲線の角度で評価します。最初のうちは、大したアウトプットはできないものです。そのため、成長カーブを見てあげるわけです。

仕事を通じて自分に足りない能力や経験、自分の思考回路のクセなんかを把握して随時改善をするという、自分改善PDCAを高速で回す作業をつねに行う必要があります。つねに最新の課題解決にあたる仕事においては、どんなベテランでも、常時、求められるスタンスです。

自分のバリューを打ち立て、中長期で成長を

大手コンサルで働いているということは、当然、周りには優秀な方が多いのだと思います。その中で生き残っていくためには、プロジェクトを通じた学びとか、会社から指定された範囲での研修や学習(勉強)は、当然、やるべきことで、それに加えてプラスアルファが必要なのです。私は、研修が充実している会社ほど気をつけるべきだと思います。どんな会社でも同一であることに価値はありませんから、大切なのはプラスアルファです。

「当たり前のこと」だけでも大変だと思いますが、結局、この仕事で生き延びるためには、まさに自分のバリューをどこで打ち立てるか、つまり自分の売りや特徴を打ち立てないといけないわけです。周りと同じでは価値がないわけです。

その強みをどこに打ち立てるかは、外部環境(ファームの強みやほかのメンバーのスキルなど)と、ご自身(興味や現在のスキルセットや経験など)によって異なるので、なんとも言えませんが、ぜひそんなスタンスで、短期ではなく中長期での成長に軸足と思考を置いてみてください。5年くらいしないと本当の価値はわからないと思います。つまりそれだけの覚悟も求められる仕事ということです。

もうひとつアドバイス。周りには、それぞれの分野におけるトップコンサルタントがいると思います。その人から仕事の内外でいろいろと学ぶのも大事だと思いますよ。

「自分で考えろ」と言われる可能性もありますが、人によってはいろいろと教えてくれます。自分から懐に飛び込むというスタイルで積極的に動かなければ、待っていても何も起こりませんが、やってみる価値はあると思います。教えてほしいことを明確にしたうえで、業務外でもいいから話しかけるといいことがあるのでは?と思います。

いろいろと大変だとは思います。ただし、皆、やはりそういったことを経験して、今の自分を作り上げてきています。今、涼しい顔で活躍している彼・彼女だって、昔は火を噴いていたはずなので、見るべきは自分の成長曲線です。

わからないことを調べたり、周りの頭がよさそうなヒトに聞けばいいのです。ただし、長期で成長させるためのコミットは、自分自身にしかできません。そういった自分を律する覚悟が大切なのが、この仕事です。足元の結果のみで判断せず、ぜひ、将来の自分を作り上げる過程としての修業期間を、有益なものにしてください。同じ異業種転職組として応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT