復興で強気のセメントメーカー、2年ぶりの値上げを断行

長く低迷が続いていたセメント市場がにわかに活気を帯びている。東京のセメント価格(バラ積み)は、1トン当たり1万0600円前後と、8月に入って500~700円上昇している。値上がりは2年ぶりのことだ。

セメントの国内販売数量は、公共投資や民間需要の減少によって過去20年で半減。2010年は4104万トンと業界が数年前に内需の下限と見ていた5000万トンすら割り込んだ。日本より人口の少ない韓国を下回る水準で、価格も低迷していた。

そこで、メーカー各社は生産能力を縮小。業界最大手の太平洋セメントは10年に3工場を閉鎖し23%削減したほか、3位の住友大阪セメントも20%削減した。ところが、東日本大震災の復旧・復興工事を見据えて、需給がタイトになりつつある。

セメント製造は赤字だが

もう一つの理由は、メーカーが値上げに本腰を入れ始めたことにある。今年5月、住友大阪セメントの関根福一社長は決算説明会で「6月から1トン当たり1000円の値上げを実現したい。受け入れない取引先には出荷停止も辞さない」(関根社長)との方針を表明した。

これまでも燃料となる石炭価格の上昇を理由に、値上げを打ち出してきた。ただ、納入先でセメント需要の約70%を占める生コン業者も厳しい収益環境にあったため、強硬な姿勢は打ち出せず、空振りに終わっていた。

ここにきて出荷停止をちらつかせるほど豹変したのは、いびつな収益構造の是正に動き出したからだ。

実はメーカー各社の収益を支えているのは、廃棄物のリサイクル収入だ。他の産業で発生した廃棄物はセメントの原燃料として使えるため、積極的に受け入れてきた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT