銀行総合ランキング2011年版--全112行を一挙格付け

常連行の一部の上位陥落と新しい顔ぶれのランクイン--。

大震災も影響し、2011年3月期の『金融ビジネス』銀行ランキングは、波乱の展開となった。古参の上位地銀が順位を下げ、過去に不良債権問題などに苦しんだ小規模第二地銀の躍進が目立つ。銀行界に、静かなる地殻変動が起きつつあるかのようだ。(点数の算出方法の概要は記事末。各評価項目の詳細および各数値は、週刊東洋経済臨時増刊『金融ビジネス』2011年版に掲載)

全国銀行協会のまとめによると、2011年3月期の全国銀行(119行、単体ベース)の経常利益は3兆2611億円で、前期比8154億円増、33.3%増で、2年連続の増益となった。当期純利益も同じく2年連続の増益を果たし、リーマンショック前の水準を回復した。

資金運用益は8兆3494億円となり、前期比3399億円の減。3.9%減益となったものの、国債等債券売却益が大幅に増加。さらに、与信関係費用が大幅に減少したことが、経常増益につながった。経常利益の増益行は70行と前期の48行から大幅に増え、赤字行もわずか3行(前期は12行)に減少したことが好決算を象徴している。
 
■総合ランキング1~20位

■ランキングの各評価項目の詳細や、詳しい解説、上位行のリポートを、週刊東洋経済臨時増刊『金融ビジネス』2011年版でご覧いただけます。
お求めは下バナーから。

金融ビジネス 2011年版[雑誌]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT