銀行総合ランキング2011年版--全112行を一挙格付け


伸び悩むトップライン

不良債権比率も5%超の銀行は17行(10年3月期)から15行(11年3月期)に減少した。

問題は収益性だ。トップラインの収益は伸び悩んでいる。

信託銀行を含めた116行のうち、10年3月期比でコア業務純益(単体)を伸ばしたのは43行。これに対し、減益となったのは73行にのぼった。増益行も、2ケタ増は東和(59.23%増)や南日本(32.33%増)、池田泉州(17.68%増)各行のような地銀も散見されるが、近畿大阪(21.87%減)、北海道(21.54%)、北洋(23.94%)などのように2割以上減益の地銀もチラホラ存在する。

利ザヤも低金利状態が常態化し、収益柱である資金利益は伸び悩んでいる。貸出金利回りが10年3月期比で上昇したのは、佐賀共栄のみ。ランキングで上位入りした西京が、かろうじて横ばいにとどまったに過ぎない。残る銀行は利回り低下にあえいでいる。貸出利回りが10ベーシス以上低下したのは、半数以上の79行に及んだ。

粗利経費率(OHR)については、分母の業務粗利が伸び悩む一方、経費削減の成果をあげることのできた銀行もあり、OHRの増減はほぼ半々。方向感はまちまちだった。


■総合ランキング41~60位

■ランキングの各評価項目の詳細や、詳しい解説、上位行のリポートを、週刊東洋経済臨時増刊『金融ビジネス』2011年版でご覧いただけます。
お求めは下バナーから。

金融ビジネス 2011年版[雑誌]

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT