楠雄治・楽天証券社長--楽天の総合力が強み、投資分野の大衆化を促していく

楠雄治・楽天証券社長--楽天の総合力が強み、投資分野の大衆化を促していく

安価な手数料を武器に、個人の株式売買の7割以上のシェアを獲得したインターネット専業証券。しかし、2007年度以降は株式の売買代金が伸び悩み、収益環境は厳しい状況が続く。停滞する市場環境をどう打破するか。ネット証券大手4社のトップに聞いた。

--ネット証券を取り巻く環境をどう見ているか。

業界としては成熟しており、収益の伸びが頭打ちになっている。次の成長分野がまだ描き切れていないのが業界全体の課題だ。

弊社も2006年度には過去最大の営業収益約340億円を計上したが、10年度の営業収益はその3分の2にまで縮小した。05年前後は新興市場を含め、かなり活発な株取引があった。

しかし、その後はマーケットの長期トレンドを背景に、売買代金が減少。さらに手数料の単価が下がったことで、収益が頭打ちになっている。FXや投資信託の手数料は伸びているが、株式の手数料の落ち込みを支えるには至っていない。
 
--今後、他社との差別化をどう図るか。

これから重要になるのは、潜在的な顧客基盤をどれだけ持っているかだ。われわれは楽天という母体があり、新規口座の獲得という面で他社より優位性がある。

楽天はインターネットの総合生活支援グループであり、これまで投資経験のない人に取引を促すという面で、われわれはいちばん有利な位置にいる。まだまだ投資分野への一般人の参加は限定的だ。大衆化する余地は十分にある。

また楽天との連携でいうと、楽天スーパーポイントを利用できるなどの利点がある。グループのノウハウが活かせるのも強みだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT