「終末期病棟を訪れる床屋」が感謝される深い理由 漫画「お別れホスピタル」(第11集・カルテ60)

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
『お別れホスピタル』  ©沖田×華/小学館
『お別れホスピタル(12)』(小学館)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

誰しもに訪れる「死」を見守る――終末期病棟。

ガン患者と家族、認知症の老人、夫婦の姿――。

そこで働いて2年目の看護師・辺見が目にするのは、さまざまな患者の“死と人生”をめぐる赤裸々で剥き出しの悲喜劇ドラマでした。

長寿が誰にとっても当たり前となった現代。あなたにとって、家族にとって「生きるとは?」 「死とは?」をストレートに問いかける問題作。『お別れホスピタル』(小学館)より一部抜粋して、ご紹介します。

この記事の漫画を読む(21ページ)
沖田×華 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

おきた ばっか / Bakka Okita

代表作に『お別れホスピタル』(ビッグコミックスピリッツ連載中:小学館)がある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT