わが子が発症率「1万分の1」の難病だった母の苦悩 漫画「神辺先生の当直ごはん」(第2巻 第11話)

印刷
A
A
1万人に1人の確率で発症するといわれている、プラダー・ウィリ症候群。その症状とは――

舞台は市内唯一の夜間小児診療を受け入れる総合病院。

神辺先生の当直ごはん 1 (BRIDGE COMICS)
『神辺先生の当直ごはん 1』(KADOKAWA)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

新米小児科医の平野は新米ながらも日々真面目に診療にあたっていたが、小児診療には個性的な患者も多く、神経をすり減らす日々……にもかかわらず、先輩医師の神辺先生は日々当直室でご飯を自炊する変わり者だった。

「一日一食は美味しいものを」。

食いしん坊小児科医による小児医療×グルメ漫画『神辺先生の当直ごはん』(KADOKAWA)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(31ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT