何のための在宅勤務? 震災前から在宅勤務を導入していた先進企業109社を一挙公開!--『CSR企業総覧』注目データ


こうしたその場しのぎの制度では、しばらくすると在宅勤務のデメリットばかりが出てくることになりかねない。その点、今回ご紹介した109社の中にはすでに試行錯誤しながらノウハウを積んできた企業が多い。こうした先進事例を他社は参考にして有意義な在宅勤務制度の導入を目指すべきだろう。

現在、調査中の第7回CSR調査でも前回に引き続き、「在宅勤務制度の有無とその内容」について聞いている。震災後に在宅勤務制度がどこまで増えるかは興味深いところ。秋に今回の集計がまとまったら、導入企業の目的の変化などを報告する予定だ。

 

 

(岸本吉浩 =東洋経済オンライン)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。