なぜ、フィリピン英語留学は日本では普及が遅れているのか? ~『フィリピン「超」格安英語留学』(その2)

 



 そのために、大手留学エージェントではフィリピン留学への対応が遅れています。

 

正直、彼らがフィリピン留学に本腰を入れれば、一気に日本人へ普及していったのではないかと思います。

最近では、既にフィリピンで留学エージェントを展開している中小企業に業務委託や連携をして、生徒の横流しでコストをかけずにやる方法が出てきたと聞いています。

 ですが、僕はノウハウと実績を持った大手留学エージェントこそが、直接フィリピン留学市場に参入し、日本人向けのフィリピン英語留学市場のクオリティの向上に取り組んでもらえたらと思っています。ただ、恐らくフィリピン留学斡旋だけでは大きな利益にはつながりません。

ですので、韓国と同様に、2段階のコンビネーション留学を推奨するのです。

最初はフィリピン、そして欧米へと。このコンビネーション留学をしっかりと仕切って大きく運営している留学エージェントは、いまだそうありません。フィリピン留学が日本人に浸透していくのは時間の問題です。

 それであれば、大手留学エージェントには是非とも、フィリピン留学のクオリティの向上と、さらなる日本人の英語留学者数の向上を狙って取り組んでほしいと思っています。

以上、長くなりましたが上記の3つのポイントによって、これまでフィリピン英語留学が日本人に広まらなかった理由だと考えています。ですが、最近マスコミでの取り上げや、書籍発売により、確実に流れは変わりました。

これから韓国同様にごく当たり前の選択肢となることと思われます。

次回のコラムでは、フィリピン留学の活用方法についてつづりたいと思います。

フィリピン「超」格安英語留学 1か月10万円留学の衝撃!
 1,470円

 


 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。