なぜ、フィリピン英語留学は日本では普及が遅れているのか? ~『フィリピン「超」格安英語留学』(その2)

 

 

前回のコラムに続いて、2回目となります。

今回はどうしてフィリピン留学が日本では普及が遅れているのかという点について触れたいと思います。

韓国ではすでに10年程前から流行し、一般的な語学留学の選択肢となってきたフィリピン英語留学。

フィリピンに数百校ある語学学校のほとんどは韓国資本です。

韓国が凄い勢いで伸びているにも関わらず、何故日本では伸びなかったのか。

そこには大きく3つのポイントがあると思っています。

1つは、日本人の欧米留学(ネイティブ英語)への憧れの強さ。
 1つは、フィリピンへのイメージの悪さ。
 1つは、大手留学エージェントの利害。

1つ目の日本人の欧米留学(ネイティブ英語)への憧れの強さですが、これは要するに“英語を学ぶなら、英語ネイティブの国で学ぶしかない”という視野の狭さのことです。

世界にはフィリピンのように英語を公用語として国民の多くが英語を使える国が多数あります。僕が旅中に訪れたケニア等も公用語は英語でした。

もちろん、彼らの英語はアメリカやイギリス等のネイティブ英語に比べると、訛りがあったり、表現で異なる部分があったりと支持できない部分があるのも事実です。

 ですが、そんな国の中でもフィリピンのように比較的訛りが少なく、物価の安い国で格安でマンツーマンレッスンを受けられるのは英語学習のステップのひとつとしては大いに検討できるはずです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT