なぜ、フィリピン英語留学は日本では普及が遅れているのか? ~『フィリピン「超」格安英語留学』(その2)

 

 

前回のコラムに続いて、2回目となります。

今回はどうしてフィリピン留学が日本では普及が遅れているのかという点について触れたいと思います。

韓国ではすでに10年程前から流行し、一般的な語学留学の選択肢となってきたフィリピン英語留学。

フィリピンに数百校ある語学学校のほとんどは韓国資本です。

韓国が凄い勢いで伸びているにも関わらず、何故日本では伸びなかったのか。

そこには大きく3つのポイントがあると思っています。

1つは、日本人の欧米留学(ネイティブ英語)への憧れの強さ。
 1つは、フィリピンへのイメージの悪さ。
 1つは、大手留学エージェントの利害。

1つ目の日本人の欧米留学(ネイティブ英語)への憧れの強さですが、これは要するに“英語を学ぶなら、英語ネイティブの国で学ぶしかない”という視野の狭さのことです。

世界にはフィリピンのように英語を公用語として国民の多くが英語を使える国が多数あります。僕が旅中に訪れたケニア等も公用語は英語でした。

もちろん、彼らの英語はアメリカやイギリス等のネイティブ英語に比べると、訛りがあったり、表現で異なる部分があったりと支持できない部分があるのも事実です。

 ですが、そんな国の中でもフィリピンのように比較的訛りが少なく、物価の安い国で格安でマンツーマンレッスンを受けられるのは英語学習のステップのひとつとしては大いに検討できるはずです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT