2011年夏ベスト経済書2位・『国家対巨大銀行 金融の肥大化による新たな危機』を書いたサイモン・ジョンソン氏に聞く--回転ドア人事が生む金融と政治の癒着


--「大きすぎて潰せない」銀行のあり方が重大な問題だと指摘しています。にもかかわらず、巨大銀行は金融危機以前にも増して、米国の資産への支配を強めています。

そのとおり。政府と議会はじかに銀行を縮小・シンプル化していない。危機に直面した銀行に対し、FDICとFRB(米連邦準備制度理事会)が規模の縮小を促すことができる解決プロセスを策定したのみだ。銀行は失敗しても自らの力で乗り越えられるはず、ということだ。

--経営陣の報酬については?

大きな問題だ。利益率を上げれば報酬に反映されるが、失敗のツケは、破綻企業救済といった政府支援を通して社会に押し付けられる。

--ウォール街を擁護する立場からは「問題の源はファニーメイとフレディマックにある。住宅ローンを保証し、民間の貸手から住宅ローンを買い取るこの二つの政府機関こそ元凶なのだ」という見解があります。

そういう見解が存在するからこそ、本を書いて本当のことを説明しようとした。問題を引き起こした無理なローンの急拡大と、ローンがパッケージ化されて売却された手法を調べてみれば、公的機関ではなく、民間金融機関が事態を悪化させたことがわかる。ファニーメイやフレディマックは不必要なリスクを取り、納税者に大きなコストを負担させた。しかしそれが金融危機の根本的原因だというのはお門違いだ。

Simon Johnson
マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院教授、ピーターソン国際経済研究所シニアフェロー。IMF元チーフエコノミスト。


『国家対巨大銀行 金融の肥大化による新たな危機』
サイモン・ジョンソン、ジェームズ・クワック著/村井章子訳
ダイヤモンド社/1890円


推薦者のコメント
・金融恐慌の理由を解明
 金融部門肥大化が金融恐慌を起こし、「大きすぎて潰せない」から国民の税金で救済する不合理を招いたことを解明している。(奥村 宏)

・日本の問題にも通じる
 金融危機を規制強化で防ぐことは難しく、大きすぎて潰せない金融機関を作らないことが重要だと主張する。日本の問題にも通ずるところがあり、考えさせられる。(秋山亮司)

・巨大企業の分割は困難
 本書は巨大投資銀行と金融商品の内幕を暴き、「グリーンスパン伝説」も打ち砕く。ただし著者らが提唱する巨大投資銀行の分割・解体は難しい。NTT分割民営化後も競争原理は行きわたらず、むしろ独占はひどくなった。(脇 英世)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT