北海道コンビニ首位守るセイコーマートの独自性

商品調達は国内に限らない。特にワインの充実度はコンビニ随一。世界中のワイナリーから集めたワインが、400円台から並んでいる。

セイコーマートは日本のコンビニの先駆けである。日本酒ブランド「北の誉」を持つ(現在は合同酒精に売却)酒卸、丸ヨ西尾商店(現セイコーフレッシュフーズ)が、取引先の酒店を改装し1号店としてオープンしたのが1971年8月。

北海道の人々は、親しみを込めて「ちょっとセイコマまで行ってくる」と言う。スーパーや大手コンビニより、はるかに身近な存在となっている。

「東京無視」で独自成長 震災後は関東で高評価

「丸ヨ西尾は、明治、大正時代に北海道でいちばん成長したグループで、ホテルなどあらゆる事業を展開していた」(赤尾昭彦会長)。しかし、戦後の衰退で縮小。59年に入社した赤尾氏は、グループの酒造事業も経験。卸の先行きに危機感を感じ、コンビニ進出を決断した。

「立ち上げの頃は『北の誉であれば』という信用に助けられた」という赤尾会長は、「東京から情報を取らなかったことが、生き延びた理由」と話す。大手メーカー本位の日本の食品流通にのみ込まれないよう、元祖アメリカで全米コンビニエンスストア協会(NACS)に加盟。セブン−イレブンのライセンス元だった米サウスランド社(現セブン&アイ・ホールディングス子会社)にも人脈ができた。

さらに「米国の流通業は英仏など欧州資本が多い」(赤尾会長)とわかり、今度はオランダ本拠で卸主宰の世界的食品小売りボランタリーチェーン、SPAR(スパー)にも加盟。日本企業でありながら、欧米市場で共同仕入れをする現地企業の一つとして調達ルートを開拓。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT