北海道コンビニ首位守るセイコーマートの独自性

苦戦した本州も反撃の芽が出てきた。地元卸の廃業等で直営化した茨城、埼玉の店舗が一気に黒字転換したのだ。

きっかけは東日本大震災。ヨーグルト、牛乳、納豆など本州で枯渇した商品を北海道から調達し、品切れを起こさなかった。近隣客から「安い」「北海道産品に強く物資が豊富」との評価を受けるようになった。

客足は衰えず、関東の既存店売上高は前年同期比1割増が続く。今後は関東でも出店を検討する。

大手寡占が進むコンビニ業界。しかし、北の大地で鍛え抜かれた小さな巨人の経営戦略は、準大手以下が生き残る一つの道を示している。

(週刊東洋経済2011年8月13・20日合併特大号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT