EU持続のために「欧州財政協議会」が必要だ

小国が差別的待遇を受けるリスクが減る

EUの財政ルールの改善を加速するために必要なこととは(NatukoPhoto/PIXTA)

欧州連合(EU)の財政ルール改善はまだ道半ばだ。透明性が足りず、年度予算の財政赤字額など短期目標を強調しすぎている。

完全に統合された市場では、負債残高が持続可能なかぎり、政府の赤字国債発行は問題ではない。各年の各国の政府赤字を国内総生産(GDP)の3%以内に収める必要もない。

むしろ、各国の公的債務残高がGDPの60%以内に収まっているかどうかだけで選別する現行基準より、もっと洗練されたフレームワークが求められるべきだろう。

ルール作りの難しさ

ユーロ圏の財政圧力のコントロールは改善されている。欧州中央銀行(ECB)の金融緩和や銀行同盟が財政危機リスクを減らしている。

より柔軟なルールを作る努力は歓迎すべきだが、短所もある。それは、ルール変更がマクロ経済に与える影響を定量化するのが難しいことだ。たとえば、大国の決定が小国のそれより大きなインパクトを域外に与える事実をどう扱うか、またそれについて欧州委員会にどこまでの裁量があるのか、明らかでない。

次ページルール作りに必要なものとは
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT