“石橋たたく”キヤノン、カメラ好調でも業績は慎重視

“石橋たたく”キヤノン、カメラ好調でも業績は慎重視

会社修正予想は妥当か。キヤノンは7月25日、2011年12月期業績見通しについて、売上高が3兆7800億円(前期比2%増)、営業利益が3800億円(同1・9%減)と、それぞれ上方修正した。特に営業益の増額幅は450億円に上る。

当初は部材調達難が足かせになると見ていたが、代替調達が進んだこともあり「ほぼすべての事業で、工場稼働率が震災前の水準に戻った」(田中稔三副社長)。そのため、複写機などの販売が想定以上に増加する。

ところが、シティグループ証券の芝野正紘アナリストは「会社計画には、まだ余裕がありそうだ」と見る。その根拠は、一眼レフデジタルカメラの販売計画だ。キヤノンは今回、年間販売台数を当初の700万台から730万台(前期比24%増)に引き上げた。それでも、「この数字はありえない。800万台は楽に超えるペース」と、関係者は口をそろえる。

利益率が20%近くある一眼レフはキヤノンの稼ぎ頭で営業益の過半を占める。中国など世界需要が旺盛で、造れば造るほど売れる状態。同社は震災後の6月からフル生産に入った。

大幅増産に向けての体制も万全だ。目下、値崩れが深刻なコンパクトデジカメの一部生産を、国内から中国工場へと移管中。その空いたスペースを使って、主力の大分や長崎工場で休日返上の操業に突入しているもよう。部材調達についても、各メーカーに対して大幅増産分の手配を終えているようだ。

活況にもかかわらず、保守的な販売計画を公表しているのはなぜか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT