“石橋たたく”キヤノン、カメラ好調でも業績は慎重視


テクノ・システム・リサーチの大森鉄男氏は「唯一の懸念があるとすれば、交換レンズの研磨工程ではないか」と語る。本体とセット販売されるケースが多い交換レンズは、ガラスの厚みを削るための作業が不可欠。キヤノンは研磨工程を外注している比率が高いようだが、この作業員が業界全体で慢性的に不足しているのだ。

取り巻く環境も楽観視できない。下期の想定為替は1ドル=80円、1ユーロ=115円。円高進行に、電力不足問題も渦巻く。もっとも、会社計画は「最悪シナリオ」を想定した手堅い数値。一眼レフ販売が800万台超となれば、営業益は4000億円台に乗り、前期実績(3875億円)を超えるのは確実だ。

キヤノンの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(梅咲恵司 =週刊東洋経済2011年8月6日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT