「絶対にかなわない」上司が持つ"3つの技術"

モンスター級にデキる人たちの共通点

その資産の質が落ちてくれば、決して見逃しません。状況を精査したうえで改善点を具体的に指摘し、進むべき方向性を示し、チャンスを与える。そして、自分の望むレベルにまで引き上げる、それがマネジメントのあるべき姿なのです。

できるボスはよく知っています。自分が責任を取らない状態で、部下のモチベーションが上がるはずがないこと、そして部下のモチベーションが上がらなければ、日々の仕事の結果を出せないことを。

真のグローバル化を達成するには

ここまで読んで、外資系企業の特殊なやり方だと思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、外資系企業、日本企業の両方で働いた私はそうではないと思います。

近年、頻繁に耳にする「グローバル化」という言葉。私はその意味を単に、世界標準の仕事を取り入れることだけではない、と考えています。

日本のやり方や固定観念にとらわれず、相手のやり方に合わせて「柔軟」、かつ「合理的」な対応をするビジネスパーソンだけが、「真のグローバル化」を達成できると、これは外資系企業、日本企業の両方にいたからこそ、実感することです。

もし、これを読んでいる方が日本企業にいるとしたら、日本企業のよさに加えて、外資系企業から学べることは学ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。