菅首相退陣後の新政権で望ましい枠組みは?--東洋経済1000人意識調査

菅首相退陣後の新政権で望ましい枠組みは?--東洋経済1000人意識調査

菅首相は6月に退陣を表明したものの、その退陣時期を明らかにせず、永田町は混乱状態が続いている。退陣後の枠組みについて、「民主党政権」は少数派。「民主、自民の大連立」が31.8%とトップになった。これまでの民主党の政治には失望感がかなり強いのかもしれない。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。