日産ゴーン社長の「10億円報酬」は妥当なのか

役員報酬はまだまだ増える余地あり

総会終了後は、毎年の恒例となっている立食形式の株主懇親会を開催した。乾杯の挨拶を終えて壇上を降りたゴーン社長は、早速、大勢の株主に取り囲まれ、にこやかな表情で挨拶を交わし、記念撮影にも応じていた。

株主総会は予定通り12時前に終了し、その後、株主懇親会を開いた。

「後継者がどうなるか心配」

懇親会に参加した複数の株主から聞かれたのが、後継者を懸念する声だった。日産株を5年ほど保有し、半日休暇を取得して総会に参加したという42歳の女性は、「ゴーン社長の報酬は高いとは思うが、プレッシャーもあって、それに見合うだけの仕事をしていると思う。カリスマ性もあるし、できるだけ続けて欲しいが、辞めた後が心配だ」と話していた。

ほかにも「日産はゴーンのスター性で持っているところがある。後継者がどうなるかが心配」(60代男性)という声もあった。50代前半の男性二人組は「今の日産はゴーンが押し切って進めていて、後継者がいないことが心配」と口を揃えた。

ゴーン氏が日産の社長に就任してから15年。希代の経営者も61歳となった。日本や一部の新興国で苦戦しているものの、足元の業績は右肩上がりで、昨年度の株価は1年間で3割強上昇。日産とルノーのトップを兼任するなど、カリスマへの依存はむしろ強まっている。そうした中、「後継者育成」というゴーン日産が抱える課題を冷静に認識している株主は少なくないようだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 御社のオタクを紹介してください
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。