丸紅の株価が低迷している3つの要因とは?

株主からの指摘に要因分析を披露

國分文也社長は「株価が低いという厳しい意見を率直に受け止めたい」としたうえで、「3つの要因がある」との認識を語った。1つ目が、巨額の減損損失を計上した2014年度の業績下方修正。2つ目が、同業に比べて見劣りする配当性向(20%)の引き上げを2015年度は見送る予定としていること。3つ目が、2015年度の純利益計画が1800億円と事前の市場予想を下回ったことだ。

とりわけ、同業他社と比べて目に付くのは株主還元だ。従来から掲げている配当性向方針どおり、5円減配の通期21円という減配計画を丸紅が出したのに対し、伊藤忠商事は2015年度からの新中期経営計画で3期連続の過去最高額の配当更新を公約。住友商事も新中計で年間最低50円の通期配当下限額を設定し、配当を維持した。

資源事業への依存が高く2015年度も減益を見込む三井物産は、予想配当性向が48%になるにもかかわらず、2014年度と同じ64円配を維持。三菱商事も業績連動で減配計画だが1000億円の自社株買いを行うなど、資源安の逆風下でも株主還元の積極方針を打ち出している。その分、丸紅の株主還元の見劣りが際立つ格好だ。

株主還元の見直しは来年度以降

丸紅の現状について、國分社長は「収益力の拡大には手応えを感じている」とする一方、「財務基盤の強化についてはまだ道半ば。特に同業と比べて営業キャッシュフローが弱い」との認識を吐露した。

そこで、まずはネットDER(有利子負債比率、長期の支払い能力を測る指標)を1.6倍(前年度実績は1.72倍)に改善し、フリーキャッシュフローの黒字化を達成することを、今年度の最優先目標とした。その一方で、配当性向の見直しを含めた株主還元方針の策定は、2016年度から始まる次期中計へと先送りした。

「(今期純利益計画の)1800億円はミニマムな数字。上積みを出して還元したい」と株主に理解を求めた國分社長。はたして結果を示すことができるか。株主からの圧力はこれまで以上に強まっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT