36件--2010年にインドに設立された日系海外現地法人数《気になる数字》

上場企業をはじめとする国内有力企業を対象に、毎年、東洋経済が実施している『海外進出企業総覧』調査。この調査によると、年次別の進出件数は2004年をピークとして減少が続いているが、10年は前年比増に転じそうだ。

現時点で確認できている10年の進出数は406件と、09年の524件を下回っている。しかし、これは10年10月時点で確認できた暫定的な件数であり、例年、上方修正される傾向がある。修正率を例年どおりとすると、10年は09年より多くの日系現地法人が設立(操業開始含む)されたと推定される。中でもインドは、暫定値でありながら10年の設立数が36件と、前年の25件を大きく上回っている。国別のランキングでも中国の135件に次ぐ2位と、活況を呈している。

業種別の内訳も併せて過去の推移を見ていくと、アジアへの進出が比重を高める中、生産拠点としてばかりでなく、販売先としてもアジアへの進出が増加していることがわかる。アジアへの非製造業の進出は、1980年代には全体の2割程度だったが、ASEANや中国への進出が増えた90年代には3割に及び、直近2010年には45%にまで達している。

また、円高が進んだ10年は、製造業のアジア進出も増加している。10年の暫定数が前年を上回った業種としては、化学(09年15件→10年21件)、機械(同16件→22件)が目立っている。

(『海外進出企業総覧』編集部 =週刊東洋経済2011年7月16日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。