普通二輪免許で乗れる英国車トライアンフの魅力 新型「スピード400/スクランブラー400X」試乗

拡大
縮小
「スピード400」はトライアンフをスポーツブランドとして決定づけた1930年代のロードスター「スピードツイン」をオマージュした最新モデルだ
「スピード400」はトライアンフをスポーツブランドとして決定づけた1930年代のロードスター「スピードツイン」をオマージュした最新モデルだ(写真:Triumph Motorcycles Japan)

開発に5年、ユーザーが本当にほしいバイクを作った――。

トライアンフの2024年モデルとして新たに加わった新型400ccシリーズの国内試乗会で語られた言葉だ。

英国で1902年に創業した世界最古級のモーターサイクルブランドとして知られるトライアンフ。ボンネビルをはじめとする名車の数々を生み出し、マン島TTレースでの勝利やスピード記録を打ち立て、カルチャーの分野でも世界的なムーブメントを作り出してきた。

国内においても2023年の国内販売台数は前年対比で21%増の4108台の大台に乗り、2019年からの5年間で2倍に増やすなど好調ぶりが伝えられた。ユーザー層も幅広く、多様な世代に着実に浸透してきていることがうかがえる。

スピード400/スクランブラー400が登場

メディア向け発表試乗会ではトライアンフモーターサイクルズジャパン代表の大貫社長によるプレゼンテーションが行われた
メディア向け発表試乗会ではトライアンフモーターサイクルズジャパン代表の大貫社長によるプレゼンテーションが行われた(写真:Triumph Motorcycles Japan)

そんな機運を捉えたかのようなタイミングで今回投入されたのが、「スピード400」と「スクランブラー400X」。現行トライアンフの中では最少排気量モデルであり、普通二輪免許で乗れる唯一のモデルとなっている。開発に5年を費やしたというこのシリーズ、世界中のユーザーの意見を聞いてゼロから作り始めた完全新設計のブランニューモデルだ。

スクランブラーとはかつてオフロードバイクが無かった時代に不整地を走るための改造を施したバイクのこと。「スクランブラー400X」はその現代版だ
スクランブラーとはかつてオフロードバイクがなかった時代に不整地を走るための改造を施したバイクのこと。「スクランブラー400X」はその現代版だ(写真:Triumph Motorcycles Japan)

聞こえてきたのは、「スタイリッシュで軽快で扱いやすく、乗っていて楽しくなる。コスパに優れ、それでいてトライアンフの伝統や品質を感じさせるバイクがほしい」という声だったとか。そこで今回、トライアンフではあらゆる年齢や経験のライダーが自信を持って楽しく操れることを目指したという。同時にクラスをリードする性能や最新テクノロジーを投入し、トライアンフの伝統的なスタイルと品質で仕上げてきた。

次ページスピード400試乗、その走りや味付けは?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT