楽天・三木谷の自尊心、経団連を去った真意


 また、英語の社内公用語化で話題を呼んだように、三木谷社長の関心は、完全に楽天の国際進出に向いている。米欧、アジア、南米と矢継ぎ早に拠点を展開しているが、海外での競争に、少なくとも経団連の支援は役に立たない。

一方、経団連は脱退したが、三木谷社長自身は、政治的な活動には関心が高い。09年の薬事法改正の際には、医薬品のネット通販規制反対のため、永田町・霞が関での働きかけを積極的に展開した。

ネットを使った政治献金サービスも業界の先頭に立って推進しているうえ、傘下のウェブサイトでは、政治ニュースや言論発信なども強化している。

経団連脱退に絡んで、このままでは、日本経済はグローバルスタンダードから取り残されてしまう、との危機感も訴えた三木谷社長。経団連のしがらみがなくなり、かえって、政治的な運動を活発化させるかもしれない。

楽天の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(丸山尚文 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年7月9日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。