首位は半減「2035年人口減少率」関東市区町村350 都心から離れた小規模な自治体は減少率が大きい

✎ 1〜 ✎ 84 ✎ 85 ✎ 86 ✎ 最新
拡大
縮小
(写真:ライダー写真家はじめ/PIXTA)

日本の人口は今後どのような推移をたどるのか。本稿では関東1都6県の355市区町村を対象に、2035年の推計人口の“減少率”が2020年時に比べて大きい順にランキングを作成した(出所:国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(令和5年推計)」2023年12月22日発表)。

→“減少数”でランキングした『6万人減も「2035年人口減少数」関東市区町村350』はこちら。

2020年から15年で人口半減の村も

首位は群馬県南牧村で2020年の総人口を100とした2035年の指数は51.4とほぼ半減が見込まれている。2位は群馬県神流町で同56.5。10位圏内に群馬県の町村が5つ入った。

上位は小規模な町村が多いが、千葉県銚子市は市の中で最上位の17位になった(指数は72.8)。関東と暖流がぶつかる銚子沖は全国屈指の好漁場で、農業においても大根とキャベツの産出額は全国トップクラスだが、人口減のスピードが速い。東洋経済が発表している「都市データパック2023年版」の住みよさランキングでは総合719位となっている。

→住みよさランキングの算出基準などの詳細は最終ページ

都市データパック 2023年版 (週刊東洋経済臨増 DBシリーズ)
書影をクリックすると東洋経済のストアサイトにジャンプします

ランキング下位(人口の“増加率”が大きい)に目を向けると、東京都中央区の指数が117.1(355位/最下位)、東京都千代田区が同113.9(353位)、東京都港区が同113.0(351位)となった。

都心3区以外で増加率が大きいのは千葉県流山市で、指数は116.1(354位)。東京都心まで25キロ圏内に位置し、つくばエクスプレス開通以降はマンションや商業施設開発が活発化している。住みよさランキングでは総合90位となっている。

千葉県印西市も、指数は113.7(352位)と人口の増加率が大きい。千葉ニュータウンの中核を占め、企業のデータセンターが数多く立地。若いファミリー層を中心に人口流入が続いている。住みよさランキングでは総合22位となっている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT