民間企業での原発は限界、国家主導で統合的運営を--日本総合研究所理事長・寺島実郎


--当面、化石燃料による発電でつなげるという考えについては?

原発以外に、日本のエネルギー政策あるいはエネルギー安全保障のうえで目が離せないのが、中東情勢だ。日本は石油の9割、LNGの25%など一次エネルギーの約4割を中東に依存しているが、その中東情勢がいわば液状化していることは極めて重大な問題だ。昨年の米軍イラク撤退以降、中東では米国の影響が薄れ、また米国に代わって覇権を握る国も現れず、「覇権なき中東」の状態となっている。それに加えて、親米といわれる国から始まった民主化運動の動きも見逃せない。

菅直人首相は先頃のG8で、2020年までのできるだけ早い時期に電源供給の2割を再生可能エネルギーで賄う方針を表明したが、この数字の持つ意味は何か。

そもそも昨年6月に発表したエネルギー基本計画においてさえ、30年には再生可能エネルギーの比率を2割に引き上げるとしていた。それを10年近く前倒しするのだと理解すれば、再生可能エネルギーへの旗振りをしているとも取れるが、この数字はあまりにも中途半端だ。つまり昨年のエネルギー基本計画は一方で、30年までに原発の比率を50%に引き上げるとしていた。それが今回の事故で後退し、逆立ちしても25%が限度、現実的には20%ぐらいだろう。その差の30%を何で埋めるのか。

それは化石燃料か再生可能エネルギーしかないわけだから、その半分を埋めるにしても、再生可能エネルギーは35%になっていないとつじつまが合わない。残り15%を化石燃料で賄うとしても、中東情勢も考えれば、今よりもさらに化石燃料比率を高めてやっていけるのかどうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。