中国転覆船をクレーンで180度回転

不明360人の生存絶望視

6月4日、中国湖北省の長江(揚子江)で起きた旅客船転覆事故で、当局は船体の引き揚げ作業に着手した。写真は乗客の家族ら、監利で4日撮影(2015年 ロイター/Aly Song)

[監利(中国) 5日 ロイター] - 中国湖北省の長江(揚子江)で起きた旅客船転覆事故で、当局は5日、クレーンで引き揚げ作業を行い、船体を180度回転させた。国営メディアによると、これまでに確認された死者は82人で、依然として360人が行方不明となっている。

中国交通運輸省の報道官は4日の記者会見で、「現在の状況を考慮すれば、生存者がいる可能性は極めて低い」とコメントした。

現場では200人以上の潜水士が捜索にあたり、新華社によると、救助隊は船底に穴を開ける作業も行ったが、生存者の発見には至っていない。58歳の母が乗船していたという女性(33)は、「覚悟はできている」と現在の心境を語った。

乗員乗客456人を乗せた大型客船「東方之星」は1日夜、竜巻に巻きまれて転覆。救助されたのは船長や機関長ら14人にとどまっている。

*情報を更新しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT