中国転覆船をクレーンで180度回転

不明360人の生存絶望視

6月4日、中国湖北省の長江(揚子江)で起きた旅客船転覆事故で、当局は船体の引き揚げ作業に着手した。写真は乗客の家族ら、監利で4日撮影(2015年 ロイター/Aly Song)

[監利(中国) 5日 ロイター] - 中国湖北省の長江(揚子江)で起きた旅客船転覆事故で、当局は5日、クレーンで引き揚げ作業を行い、船体を180度回転させた。国営メディアによると、これまでに確認された死者は82人で、依然として360人が行方不明となっている。

中国交通運輸省の報道官は4日の記者会見で、「現在の状況を考慮すれば、生存者がいる可能性は極めて低い」とコメントした。

現場では200人以上の潜水士が捜索にあたり、新華社によると、救助隊は船底に穴を開ける作業も行ったが、生存者の発見には至っていない。58歳の母が乗船していたという女性(33)は、「覚悟はできている」と現在の心境を語った。

乗員乗客456人を乗せた大型客船「東方之星」は1日夜、竜巻に巻きまれて転覆。救助されたのは船長や機関長ら14人にとどまっている。

*情報を更新しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。