中国転覆船をクレーンで180度回転

不明360人の生存絶望視

6月4日、中国湖北省の長江(揚子江)で起きた旅客船転覆事故で、当局は船体の引き揚げ作業に着手した。写真は乗客の家族ら、監利で4日撮影(2015年 ロイター/Aly Song)

[監利(中国) 5日 ロイター] - 中国湖北省の長江(揚子江)で起きた旅客船転覆事故で、当局は5日、クレーンで引き揚げ作業を行い、船体を180度回転させた。国営メディアによると、これまでに確認された死者は82人で、依然として360人が行方不明となっている。

中国交通運輸省の報道官は4日の記者会見で、「現在の状況を考慮すれば、生存者がいる可能性は極めて低い」とコメントした。

現場では200人以上の潜水士が捜索にあたり、新華社によると、救助隊は船底に穴を開ける作業も行ったが、生存者の発見には至っていない。58歳の母が乗船していたという女性(33)は、「覚悟はできている」と現在の心境を語った。

乗員乗客456人を乗せた大型客船「東方之星」は1日夜、竜巻に巻きまれて転覆。救助されたのは船長や機関長ら14人にとどまっている。

*情報を更新しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。