シトロエン、「圧縮空気モーター車」の斬新さ

<動画>リッター50キロの走行が可能

シトロエンはパリモーターショーに「C4 Cactus Airflow 2L」を出展

シトロエンが10月のパリモーターショーに展示した最新の低燃費コンセプトカーは、今まで無駄になっていた運動エネルギーを圧縮空気として保存し、それを利用することでモーターを回す機構を備えている。これにより、短距離ではあるが、排気ガスゼロで車を推進することができる。

パリモーターショーに展示されたC4 Cactus Airflow 2L モデルは、車両重量が従来車に比べ100㎏も軽くできており、最新の空気力学を最大限応用することで、さらに燃料消費を抑えている。

リッター50キロの超低燃費

Cactus現行生産モデルに改良を加え、たった2リットルの燃料で100㎞程度の走行を可能にするまでに、燃料消費を大幅にカットした。つまりリッター50キロだ。「ガソリン燃料とハイブリッド技術を組み合わせ、運動エネルギーを無駄にせず圧縮空気を作り出すのに利用します。そしてこの圧縮空気が自動車の推進を助けるのです」とシトロエンのプロジェクト責任者であるピエール・モンフェリーニ氏は言う。

「車体フロント部に、最適化した1200㏄エンジンを搭載し、リア部トランク下には圧縮空気タンクを装備しています。減速時にはエンジンが空気を圧縮し、再発進や再加速する際には、圧縮された空気が力となって車を推進します。したがってエネルギー及び燃料の消費を大幅に減らすことができるのです」

試作車は現行生産モデルよりも軽量で、空気力学をさらに応用している。例えばフロントバンパーにエア・インテークを設け、ホイール部が開閉するようになっている。これらは自動的調節になっており、空気の流れをより効率的にするようにできている。

さらにモンフェリーニ氏は、「ハイブリッド・エア(HybridAir) 動力伝達系で、圧縮空気をタンクに貯めます。このタンクは同等のリチウムイオン電池に比べ軽量で安価です」と言う。「いままで以上にシンプルで、使用する国を問わず、厳しい悪天候などでも機能し、リチウム電池のような高価な材料を使用しない点において、非常に優れています」。

次ページルノーも小型コンセプトカーを発表
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT