新レクサス「NX」に込められた2つの使命

独3強に比肩するにはさらに10年を覚悟

「レクサスNX」は、ベンツ、BMW、アウディの独3強に互するための戦略車だ

「これでジャーマン3と戦えるラインナップがそろった」。

「レクサス」の新型SUV(スポーツ多目的車)、「NX」のラインオフ式を翌日に控えた8月7日夜。福岡県小倉市内のホテルで、トヨタ自動車のレクサスインターナショナル幹部はつぶやいた。

7月29日から国内で販売を開始したNXは、レクサスで初となるコンパクト高級クロスオーバーSUVだ。トヨタが新しく開発した2.0リットルターボ(過給器)エンジンを搭載する「NX200t」と、ハイブリッド車(HV)の「NX300h」をラインナップしている。価格は428万円から582万円(消費税込み)で、BMWの「X1」「X3」、アウディの「Q3」「Q5」、メルセデスベンツの「GLK」など、いわゆる”ジャーマン3”の中小型SUVと競合することになる。

NXはトヨタ、およびレクサスにとって、2つの大きな使命がある。

高級SUVはコンパクトカーで勝負

第1には、ジャーマン3に引き離されているレクサスにとって、それに反撃する有力なジャンルになる可能性があるということだ。

高級クロスオーバーSUVという、新たなジャンルを開拓したのはレクサスである。トヨタが1998年に米国で発売したレクサス「RX」は、SUVでありながらオフロード性能ではなく、オンロードでの高級セダンの乗り心地を重視して、大ヒット。特にこれまでSUVに縁遠かった、中・高所得層の女性にも受け入れられた。

ただ、多くのメーカーがこの市場に参入したため、競争は激化。近年は、BMWのX1やアウディのQ3など、コンパクトなモデルが人気を集めており、レクサスは劣勢を強いられていた。というのも、レクサスはSUVでは大型の「LX」「GX」(ともに国内未発売)、中型のRXを持つものの、台数が見込める小型モデルを欠いていたからだ。

その意味で、パイオニアと自負する高級クロスオーバーSUV市場に、レクサスが満を持して投入するコンパクトSUVが、今回のNXとなる。

次ページターボ搭載にも舵切る
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT