新レクサス「NX」に込められた2つの使命

独3強に比肩するにはさらに10年を覚悟

「レクサスNX」は、ベンツ、BMW、アウディの独3強に互するための戦略車だ

「これでジャーマン3と戦えるラインナップがそろった」。

「レクサス」の新型SUV(スポーツ多目的車)、「NX」のラインオフ式を翌日に控えた8月7日夜。福岡県小倉市内のホテルで、トヨタ自動車のレクサスインターナショナル幹部はつぶやいた。

7月29日から国内で販売を開始したNXは、レクサスで初となるコンパクト高級クロスオーバーSUVだ。トヨタが新しく開発した2.0リットルターボ(過給器)エンジンを搭載する「NX200t」と、ハイブリッド車(HV)の「NX300h」をラインナップしている。価格は428万円から582万円(消費税込み)で、BMWの「X1」「X3」、アウディの「Q3」「Q5」、メルセデスベンツの「GLK」など、いわゆる”ジャーマン3”の中小型SUVと競合することになる。

NXはトヨタ、およびレクサスにとって、2つの大きな使命がある。

高級SUVはコンパクトカーで勝負

第1には、ジャーマン3に引き離されているレクサスにとって、それに反撃する有力なジャンルになる可能性があるということだ。

高級クロスオーバーSUVという、新たなジャンルを開拓したのはレクサスである。トヨタが1998年に米国で発売したレクサス「RX」は、SUVでありながらオフロード性能ではなく、オンロードでの高級セダンの乗り心地を重視して、大ヒット。特にこれまでSUVに縁遠かった、中・高所得層の女性にも受け入れられた。

ただ、多くのメーカーがこの市場に参入したため、競争は激化。近年は、BMWのX1やアウディのQ3など、コンパクトなモデルが人気を集めており、レクサスは劣勢を強いられていた。というのも、レクサスはSUVでは大型の「LX」「GX」(ともに国内未発売)、中型のRXを持つものの、台数が見込める小型モデルを欠いていたからだ。

その意味で、パイオニアと自負する高級クロスオーバーSUV市場に、レクサスが満を持して投入するコンパクトSUVが、今回のNXとなる。

次ページターボ搭載にも舵切る
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。